HOME > 会社概要

Company:会社概要

代表挨拶

川口合成はおかげさまで創業半世紀以上
伝統を生かし、特徴あるモノづくりに挑戦し続けます

image

代表取締役 難波修平

川口合成は1970年に創業し半世紀以上。静電植毛及び真空成形の技術を以って、お客様の様々なご要望にお応えしてきました。
静電植毛部門に関しては、国内では数少ない全面植毛の製造設備を持ち、主に紙や不織布に加工し全国の紙器業者様、貼り箱業者様に供給しております。
また、真空成形部門に関しては、樹脂シートの押出しから一貫生産できる製造ラインを構築しており、川口合成にしかできない製品づくりを行い、主に自動車部品の搬送用トレー用途として、自動車部品製造業者様に供給しております。
創業50周年となる2020年秋には、今までの植毛技術をもとにフロッキープリント事業「P-flo(ピフロ)」を新たにスタートさせました。
さらに2022年には真空成形機2台、プレス装置2台を新設し新たな真空成形製品製造ラインを構築し、主に機械部品搬送用トレイを供給しております。
私たちは、特徴のある製造ラインで特徴のあるモノづくりを得意とする会社です。お客様とともに、今まで世の中になかったモノを作ることは製造業の醍醐味です。
そこには失敗や開発断念もたくさんあります。しかし、この経験こそが現場の力を強くすると確信しています。川口合成は創業100年を目指し、これからも失敗を恐れず、経験を糧に成長を続ける会社を目指します。

経営理念

川口合成はモノづくりのちからで社会に貢献し
関わる人全員の幸せを追求します。

会社情報

会社名 川口合成株式会社
代表者 難波 修平
所在地 〒491-0804 愛知県一宮市千秋町佐野字弁財天浦3237番地
資本金 1,000万円
創業 1970 年(法人設立1975年)
業務内容 全面静電植毛製品・樹脂シート及び真空成形品製造

大きな地図で見る

SDGsへの取り組み

沿革

1950年ごろ
(1950年〜75年
ガチャマン景気)
川口織物として一宮の地で繊維業を始める
1970年 川口植毛加工所として、静電植毛を始める
1974年 植毛1号機を導入
1975年 川口合成株式会社を設立(初代:川口勝巳)
1981年 植毛2号機を導入
平和紙業㈱と開発した植毛紙ウーペシリーズ販売開始
1982年 植毛3号機を導入
1990年 真空成形事業を開始
1999年 植毛2号ラインにロータリースクリーン装置導入
2012年 真空成形機の加熱制御装置を刷新
2014年 植毛ラインにてテンション自動制御装置を導入
2017年 原料置場・廃棄物置場新設
自動油圧裁断機導入
2018年 樹脂乾燥装置導入
樹脂電子計量配合装置導入
2019年 新型粉砕機導入
低騒音型粉砕機導入
2022年 浅野研究所製 FLB型ロールシート連続真空成形機 1台導入
ヤマナカ機工製 MFV型高速連測真空成形機 1台導入
トーコー製 SFDC型自動油圧断裁機 2台導入
2023年 太陽光発電導入(最大50kwh)
CO2フリー電源採用

会社概要を印刷

耐衝撃樹脂シート

PROPOSAL:ご提案

CASE STUDY:活用事例

PRODUCT:製品紹介

SDGsへの取り組み

Q&A:よくある質問

COMPANY:会社概要

You Tube:川口合成の魅力をムービーで紹介

真空成形特設サイトはこちら

環境活動に貢献しています。